wordpress screenshot

WordPress を使う

WordPress とは?
WordPressは、いわゆるコンテンツマネジメントシステム(CMS) とよばれるソフトの一つです。CMSの何がいいのかというと、とにもかくにもブログやホームページの作成が簡単にできるという点につきます。極端な話HPは、Windowsに付いてくる何の変哲もないメモ帳で、コード、HTMLやコンテンツをこつこつと書きためて作ることも可能です。とはいっても、このやり方だと時間もかかるし、よっぽどの知識がある人でない限り高機能のサイトを作るのは不可能です。WordPressではコードの知識なしでもすばやくブログやサイトを作れてしまいます。

WordPressは機能の充実もさることながら、デザインの幅も広いので、自分の目的や好みに合ったオリジナルのサイトが作れるはずです。バージョンアップにつれて、より多くの便利な機能が簡単に使えるようになっていますし、機能を拡張できるプラグインも充実しています。

コードの知識なしでもプロ顔負けのブログやサイトが可能に。

ところで、WordPressはデータベースを使います。これのいいところは、データのバックアップが簡単にできたり、このデータを移転させたりすることができる点です。たとえば、何らかの理由でサイトが壊れてしまったときに、新しくWordPressをインストールしなおして、そこにデータベースを放り込むという具合です。また、新しいアドレスやサーバでWordPressをインストールして、そこにデータを移行することもできます。(ただし、プラグインの設定などはデータベースに取り込まれないものが多いのでどこかにメモっておく必要はあります。)

ちなみに、設置できるデータベースの数は、ホスティングプランを選ぶときのひとつのポイントです。WordPressで作るサイト・ブログはひとつのデータベースが必要なので、WordPress(やほかのCMS)を使って複数のサイトを立ち上げたい方は注意しましょう。特に、安いホスティングプランでは、設置できるデータベースの数が限られるものもあります。