WordPress お勧めのレスポンシブテーマ5選

レスポンシブテーマとは、サイトの幅やサイドバーの移動などが画面の大きさに合わせて自動的に対応するもので、サイトがどのようなサイズのデバイスでもきれいに見えるようになります。近年、タブレットやスマホの利用者が多くなっているので、サイトの作りをレスポンシブなものにしておいた方がユーザビィティーが高くなります。

最近では多くのテーマがレスポンシブなものになっています。WordPressのテーマセクションで「responsive」と打ち込むと数え切れない数のテーマがヒットします。ここでは、有名どころ・信頼のおけるテーマの作者・機能の充実・使いやすさ、などの観点から、5つのテーマを取り上げます。それぞれに作りが異なるので、いろいろなサイトのタイプにマッチすると思います。

Twentyfourteen
Twenty Fourteen
Twenty Fourteen

いわゆる、WordPressのオフィシャルテーマで、WordPressをインストールすると自動的に付いてきます。最新のオフィシャルテーマは2014年12月に登場した「Twentyfifteen」で、デフォルトを見る限りではブログ志向のテーマに見えます。「Twentyfourteen」はひとつ前のオフィシャルテーマで、ブログとしての利用はもちろん固定ページがかなりあるようなサイトにもうまく適用できる作りになっています。かなり大規模なカスタマイズが比較的簡単にできるのが魅力のひとつでしょう。とくに、プラグイン「Fourteen Colors」・「Styles: TwentyFourteen」・「Fourteen Extended」を使うと、WordPressのダッシュボードからカスタマイズできる範囲も広がります。ちなみにこのサイトも「Twentyfourteen」がベースになっています。「Twentyfourteen」には、数多くのユーザーがいるので、WordPressでのサポートフォーラムに参考になるQ&Aがたくさんありますし、カスタマイズのやり方を載せたサイトも豊富です。というわけで、迷ったら「Twentyfourteen」を選んで、好きなようにカスタマイズするのが早道かもしれません。

Syntax
Syntax: メニューを閉じた状態
Syntax: メニューを閉じた状態
Syntax: メニューと開いた状態
Syntax: メニューを開いた状態

「Syntax」はAutomatticによるテーマで、「準オフィシャル」といってよい信頼性があります。シンプルな作りで、あれもこれも詰め込むというのではなく、コンテンツを中心に展開したいサイトにぴったりです。ページリストその他は、ページ左にアコーディオン式に格納され、クリックで右に広がります。Automatticはこのほかにも数多くのレスポンシブテーマをリリースしているのでそれらもチェックしてみましょう。

Responsive

「Responsive」はダウンロードの数でトップ10に入っている(2015年1月現在)人気のテーマです。ウィジェットボックスがうまく配置されたトップページが魅力のひとつです。どのウィジェットをどこに配置するかによってテキスト中心にしたり、画像・動画中心にしたりと簡単にデザインを変えられます。サイトを見るデバイスの画面の大きさによって、ウィジェットボックスも横配置・縦配置と変化します。作者のCyberchimpsは、「Responsive」と似通ったテーマをほかにも公開しているので、このタイプのトップページが好みの方はそれらもご覧ください。

Customizr
Customizr
Customizr

「Customizr」は、「カスタマイザ」という名の通り、テーマのデザインを簡単にいじれるようになっています。WordPressのダッシュボードからカスタマイズできる範囲は群を抜いています。HTMLやCSSになじみのない人でもあっというまにサイトを好みの仕立てに変えられるのが人気の秘密でしょう。このテーマは、オフィシャルの「Twentyfifteen」系のテーマを別にすると、ダウンロードの数が一番という超人気です。しかも、WordPressサイトのページでもユーザーのフィードバックが非常に高くなっています。時間をかけずに手早くオリジナルサイトを作るなら外せないテーマです。

Virtue
Virtue
Virtue

このテーマの人気の理由は、WordPressプラグイン「WooCommerce」との相性とが抜群な点、また作者のデモページからわかるように画像をふんだんに使ったトップページが簡単に作れるという点でしょうか。「Customizr」の作者と同様、「Virtue」の作者もこのテーマ一本に絞って多くのユーザーを獲得しているようです。(両者とも、更なる機能を付加した「Pro」バージョンを販売。) ダウンロードもトップ10なら、ユーザーの評価も非常に高いテーマです。画像を多く使ったメインコンテンツを中心に持ってきて、そのほかの要素はフッターにある4つのウィジェットエリアにまとめて配置することで、すっきりとしたデザインになっています。