海外サーバは誰にお薦め?

レンタルサーバのサービスは日本国内だけでも数え切れないくらいあります。海外サーバを利用するメリットは何でしょうか。また、デメリットは何でしょうか。海外サーバを特にお勧めしたいのは:

・安価でハイクォリティー名サービスをお探しの方。
・現在利用中の日本のサーバに不満がある方。
・海外に在住、また海外に行く予定がある方。
・英語に触れる機会を少しでも増やしたい方。

opera日本語で日本国内のみをターゲットにしている会社に比べて、英語をベースにしたサーバはより厳しい国際的な競争にさらされています。その結果、海外の充実したホスティングサービスが比較的低価格で提供されるようになっています。初・中級者向けの国内サーバと同等な値段を払えば、安定したサーバでディスク容量や転送量の制約のない(少ない)サービスを受けられます。

「日本の会社ではないのでなんとなく心配」という漠然とした理由で海外サーバを検討の対象から外してしまうのはもったいと思います。本サイトでご紹介している5つのサーバをはじめ他の多くの海外サーバは、日本の最大手のサーバよりも多くのカスタマーを持っており、その点でも安心です。

また、実際の英語に接する機会を増やしてみるのもいいかな、という方も満足できるのではないでしょうか。基本的に、サーバと契約してしまえば、そこのカスタマーサービスとやり取りする機会はほとんどないの(皆無?)ですが、ちょっとした英語の表現を目にする機会も増えると思います。なお、日本のサーバは、利用者を日本在住に限っているものが結構多いようです。