Hostgator レビュー

ワニのロゴでおなじみのHostgatorは2002年の創業と歴史は浅いものの200万以上のドメイン登録数を持つ人気ホスティング会社です。再生可能エネルギーの使用にも力を入れている会社でもあります。

良い点をいくつか挙げてみると:
・使いやすいコントロールパネル
・一月単位から使用できるためフレキシブル
・比較的安い使用料でしっかりとしたサービス
・WordPress他のスクリプト・ソフトの簡単インストール

Hatchling (“ヒナ”) Baby (ベイビー)
費用 (月額) $3.95 $6.95
ドメインネーム費用 別途必要なし 別途必要なし
サイトの数 1 無制限
サイトの容量 無制限 無制限
データの通信容量 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
メールアカウント 無制限 無制限
初期費用 無料 無料
*最新のホスティングプランの詳細や料金は変更されている可能性がありますので、サインアップの前に確認されることをお勧めします。
自分にあったプランはどっち?

ここでは、Hatchling (“ヒナ”)とBaby(ベイビー) という2つのパッケージを紹介します。これは、Bluehost・HostmonsterのStarterとPlusに相当するサービスですが、こちらのほうが若干制約の少ない仕様になっています。個人のサイトを作って運営するだけならHatchlingの機能で十分でしょう。

HatchlingとBabyの違いは、複数ドメインをもてるかどうか、また個人SSLや独自IP($2/月)を設定できるかにあります。HatchlingでもMySQLデータベースの利用に制限はないので、サブドメインを利用してそれぞれにWordPressをつかった複数のサイトを運営するということも可能です。異なるドメインネームを使ったサイトの複数運営をしたいときにはBabyへのアップグレードが必要となります。また、SSLや独自IPが必要ないならHatchlingで十分です。

月単位からの利用

Hostgatorは最短で1月からサービスができるという珍しいサーバです。もちろん、長期間を申し込んだほうが割安にはなりますが、とりあえず様子を見てみようという方にはぴったりです。1・3・6・12・24・36月というオプションから好きな期間を選べます。

利用を開始してからのディスカウント

Bluehostを使っていると、たまにディスカウントセールのメールがきます。各種追加サービスやドメインの登録が安くなっています、というようなものです。ホスティングサービスの割引のメールもあるので、現在使用中のサービス期間が終わりに近づいているなどに役立ちます。「釣った魚に餌をやらない」というのではなく、継続したサービスがあるのは嬉しいところです。ちなみに管理人は以前、ディスカウントのためにBluehost内だけではなく、Hostmonsterを一時期利用したこともあります。(*HostmonsterはBluehostの姉妹会社でサービス内容やサイトの構成などが同一。) WordPressのデータベースを移動するのはそれほど面倒ではないので、そういうことも可能ということを覚えていて損はないでしょう。

使いやすいコントロールパネル

cPanelとよばれるコントロールパネルは多くのホスティング会社で採用されているもので、アイコンが多く並ぶデザインはタブレットやスマホのような感じで、視覚的にも判りやすく直感的に操作できます。トップページからデモページにいけるので、少しいじってみても良いでしょう。

link-to-hostgator