graph

レンタルサーバのマーケットシェア (2015年1月)

世界でナンバーワンのシェアを誇るのはどのサーバ? 各国内で一番のシェアを閉めているのはどのサービス? Webhosting.infoからのデータで人気サーバの規模・マーケットシェアを見てみましょう。

世界中でナンバーワンはリセラーホスティングの「WildWestDomains.com」で、マーケットシェアは27%を超えています。2位以下のサーバがすべて3%以下ということからもダントツぶりが分かります。WildWestDomains.comの下では、リセラーの会社・個人が違うブランド名でホスティングサービスを展開しているのでWildWestDomainsとい名前自体はあまり知られていないかもしれません。ちなみに5年前は約22%のマーケットシェアでした。

50位までの多くがアメリカのサーバで、中国、ドイツ、カナダ、フランスのサーバもランクインしています。当サイトで取り上げているものの中では、リセラーサービスも展開しているHostgatorが5位で1.5%強のシェアです (5年前の0.9%弱からの伸びで同11位からアップ)。Bluehostが6位でこれも約1.5%のシェアです (5年前は0.9%弱で同12位)。Hostmonsterは0.4%弱で34位 (5年前は0.5%強で同21位)となっています。ドメイン登録の絶対数で見ると、Bluehostで204万というサイズです。

global-market-share-2015-Jan

一方で、日本国内の状況はどうでしょうか。日本国内のトップはValue-Domainで、国内の14%程度のシェアです。2位はDNSで11%ほど、Lolipopは約10%で4位となっています。ドメイン登録の絶対数では、トップのvalue-domainがおよそ43万ですので、海外の巨大サーバに比べるとやや小さな規模です。日本のサーバが将来的に国際的なサービスを展開して成長するということはあるのでしょうか。

JP-market-share-2015-Jan

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *